超高齢化社会になり「生涯学習」という取り組みが盛んになってきています。

高齢者が生きがいを得るために自分の興味あることを学びそれらを自分の人生に、世の中に役立てていけるようにといった目的があるそうですが、対象年齢は別に高齢者に限ったものではありません。 生涯学習は主に国や地域が主導となって行われていますが、その需要や必要性を考えキャリアアップを望む人達のために多くの大学などで社会人入学制度などを取り入れているところが増えてきているようです。 一言に生涯学習と言っても勉強することが全てという訳ではありません。

わざわざ教室や学校に通わなくても自宅で自分なりに本やインターネット等を利用して趣味や娯楽などを追及することだって立派な生涯学習なのです。 また、ボランティア活動においてもそういった意味合いを持つ場合もあるそうです。

いずれにしてもこれからの社会に必要不可欠な存在となってくることでしょう。皆さんも生涯学習について一度考えてみて下さい。

資格で根強い人気があるのがFP3級ですね。お金に関する幅広い知識が学べます。

生涯学習とは「一生に亘って人は学習活動を行う」という意味なんだそうです。

実はこの考え方は日本だけのものではないそうです。 ヨーロッパなどでは19世紀には一般的な考え方として定着していたとか。 ちなみに日本でこの生涯学習の考え方が一般的になってきたのはまだまだ最近なんだそうです。

日本においてはこの考えのもと学習する人の自由意思にこたえるべくその環境を用意するといったスタンスをとっており、あらゆる学習意欲にこたえられるように多くの環境を用意しようと努力しているそうです。 こういった生涯学習の場を充実させる取り組みは文部科学省が各自治体が中心となっているそうですが、大学等の教育機関においてもその必要性や需要を受けいろいろと取り組みをしているようです。 こういった教育機関を利用してのキャリアップを目的とした学習行為を「リカレント教育」ともいうそうです。

いずれにしても基本としては自分のために自分を高めるために自分から望んで学習を行うというのが生涯学習において重要なポイントです。 そういった意思はきっとその人の人生を豊かにしてくれることでしょう。

生涯学習を支える人達



生涯学習というのは日本においてはまだまだ新しい取り組みと言ってもいいかもしれません。 ただ、この先確実に需要は増えてくるでしょうし豊かな人生を送るためにはなくてはならないものであると考えられているようです。 こうした生涯学習を支える人達として専門のインストラクターの資格というのが存在します。

この資格は文部科学省が認定している「社会通信協会」という財団法人が出している資格だそうです。 いわゆる一般的な講座を修了した人が審査条件をクリアすることで資格を得ることができるようになっていて、種類としては指導を直接行える1級と指導を行う人を補佐する2級があります。 対象となる講座は本当に様々です。勉強するということにこだわりはなく、実用的な書道やペン字、趣味として需要のある園芸や俳句、中には折り紙なんてのもあります。

これらは一見学習なのか?と思われるかもしれませんがこういったものでも立派な生涯学習の概念に入ってくるのです。 資格を取得した人は社会通信教育協会の人材バンクに登録してもらえ、そこから就職といったことも可能だそうです。 興味ある人は一度調べてみてはどうでしょうか。

生涯学習とまちづくり



今や充実した町としての魅力の一つとして生涯学習がどれだけ活発に行われているかという基準もあるようです。 実はこの生涯学習というの地域によってかなりの格差があるそうです。

そういった格差を埋めようと全国を対象として生涯教育に関するノウハウを指導するスタッフを派遣しているNPO「全国生涯学習まちづくり協会」というものがります。 派遣されたスタッフはその地域で活躍する指導者を指導するのです。

生涯学習には一般的な趣味・教養を高める意外にその地域にすむ人達のコミュニケーションを活発にし、それと同時にその地域を活性化させるといった目的もあるそうです。 生涯学習とまちづくりというのは密接な関係にあるといってもいいようですね。

「全国生涯学習まちづくり協会」は主に教育・行政・ボランティアといった立場の人達で構成されているそうです。 こういった活動は将来的にも需要が出てくるものと予想されます。 自分の住む地域でどういった活動があるのか皆さんにもぜひ興味を持っていただきたいと思います。

プロバイダ契約に関する質問