生涯学習

「生涯学習」という言葉が初めて使われたのは1960年のユネスコでのことだそうです。

そのころから「人は年齢に関係なく常に自分の意思で学習を続けていかなければならない」といった生涯学習の考え方は変わっていないとか。
ちなみに日本で生涯学習というものが意識されだしたのは1980年代になってからだそうです。
ちょっと出遅れている感じはありますよね。
その後1990年代に入って国を挙げての施策が取られるようになりました。
そして国からの支持を受け現在では各地方自治体が生涯学習の充実に向けあらゆるサービスを考えています。
生涯学習は高齢者社会が進む中で大変重要なものだと考えられています。
仕事や子育てを終えた高齢の方達というのはいきなり社会との繋がりが切れてしまうことによりその状況に上手く対応できない人達も多いそうです。
また、就職難の時代で仕事に就けない若い方達、職を失って再就職できない中高年の方達など社会問題にもなっていますよね。
生涯学習が定着することでこれらを改善できる可能性は大いにあると思います。だからこそ国を挙げての行動が取られているのでしょう。
まずは国民一人一人が生涯学習についてもっと知ることが大切です。
そうして生涯学習を進めていくことであらゆる社会問題の解決につながるのではないでしょうか。


プロバイダ契約に関する質問