生涯学習

生涯学習という言葉が定着しつつ現代において「生涯学習振興法」という法律があることを皆さんご存知でしょうか?

この法律は個人に課すものではなく生涯学習を求める人達へそういった環境を提供しなければならいという内容で国や都道府県に課せらているものです。
生涯学習というと高齢者の生きがいや、社会人のキャリアアップのためのものといったイメージがありますが、この法律では教育全般を対象にしているところがあります。
ですから学校教育も含まれるのです。
これらの学習行為全般においての調査と整理が求められています。
生涯学習の体制の確立は私達国民が豊かな人生を送れるかどうかにもかかわってくるのです。
いろんな人のあらゆる分野にわたる学びたいという欲求に応えてもらえるような社会を築いていってほしいものです。
そのためには行政機関の力だけでは実現は難しいでしょう。
民間企業やボランティア、NPO等が連携を取ることも大切でしょうし、私達個人個人の意識もまた重要となってくるように思います。


実際に自分も何か学んでみたい、実は前々からこういったことに興味があったのだといった思いがあるのであればご自分の住む地域の生涯学習センターを調べてみて下さい。
各都道府県、各地域において生涯学習振興法のもとに呼び名は違えど生涯学習を受けるための施設が用意されている筈です。
そこではインストラクターの資格を持つ人や各分野においてその技術・知識が長けた方などが講師となりあらゆる講座が用意されていることでしょう。
たいてい各地域が主催となって開催されいるものですから内容はその地域によって様々だそうです。
こういった講座は何も高齢者の方のためだけに用意されているものではなく、その地域に住む方であればどなたでも参加できるようになっているそうです。
また、自分が何かしらの特技がありそれらを人に教えるいったことも可能なのだそうです。
こういった行為はその地域にすむ人達の交流を深めるきっかけにもなり交流が深まることで地域は活性化していくと考えられています。
こういった活動には各自治体の努力が必要で、その取り組みには各地域でけっこう差があるようです。
でも一番重要なのはその地域にすむ人達の意識かもしれません。
やはり需要が少なければいつまでたっても内容は充実してこないのではないしょうか。


プロバイダ契約に関する質問