生涯学習

生涯学習審議会とは

生涯学習とは学習を行なうことが全てという訳ではありません。
社会との繋がり、コミュニケーションを取っていくということも重要なポイントとなっています。
学習を通していろんな人達と交流を深め、得た知識や技術を人のため社会のために還元するといった考え方が大切なのです。
こういった考え方が国民全体に定着できるようあらゆるう施策を考えて各自治体に指示を出すのが文部科学省になります。
その中に「生涯学習審議会」というものがあります。
ここでは生涯学習がこの先どうあるべきかというものを審議しているそうです。
そのひとつの方針として経済的豊かさだけではなく生涯学習を通して精神的豊かさを手にしてもらおうというものがあります。
確かにお金があっても家に引き籠った生活では幸せとは言い難いですよね。
さらに今後生涯学習が広まっていく中で性格や考え方などでそれになかなか参加できない人というのも出てくるように思います。
そういった人に対する社会からの疎外感というのはいっそう増すことになるでしょう。これは生涯学習先進国のヨーロッパなどではすでに社会問題となっているそうです。
こういった状況を招くことなくいかに生涯学習を国民の間に広めていくかというのもこの審議会での課題のひとつとなっているようです。


なかなか家の近くで生涯学習を受けられる施設がない、育児や介護で外出がしにくいなどといった人でも通信教育であれば誰でも利用しやすく便利なのではなでしょうか。
最近では多くの通信教育が用意されています。
自分でじっくり選ばれるのも結構ですが、全国的に有名で誰にでも馴染み深いものということでNHKが提供している通信教育はどうでしょう?
NHKの生涯学習通信講座は趣味のものから実用的なものまで様々な講座がありますので何かしら興味のわくものがあるのではないでしょうか。
通信教育での学習では地域とのつながりを持つということは難しいのですが、学習するといことはどんな状況においても大切なことです。
また、身に付けた教養や技術などは持っていればいつか誰かの役に立つはずです。そういったことがきっかけでまた社会と繋がりを持てるようになるかもしれません。
理想と現実はなかなか違うものです。まだまだ学習意欲のある方誰もが必ず受け入れられるという環境といのは整っていないように思います。
それでも個人個人が学習意欲を持っていることをアピールし続けていくことで
よりよい環境が整備されていくのではないでしょうか


プロバイダ契約に関する質問