生涯学習

「通信講座」で生涯学習

日本における生涯学習というのはまだまだ認識として高齢者のためにあるものと考えている方が多いようですね。
その原因の一つとして生涯学習を推進させている各自治体が用意している講座というのが高齢者向けのものが多いという点が挙げられます。
確かに高齢化社会の今高齢者の方々が充実した日々を送れるような講座は外出も減り人との接触の少なくなってきた年代の方達の交流の場としても大変重要なものです。
ただ、近年においては就職・再就職といった目的をもってそれらに役立つ知識や技術を学びたいと学習意欲を持っている方もたくさん増えてきているそうです。
そういった場合に一番いいのは自分の身近な場所で経済的に利用できる環境があるということですが、現時点ではそういった環境はまだまだ少ないようですね。
そこでお勧めなのが「通信講座」です。
金額的には決して安いものではありませんが、確かな知識や技術を提供してくれる存在です。
通信講座では本当に様々なニーズに合わせた講座が用意されており、同じテーマでも各会社によってそれぞれに学び方の特色があるようです。
そういった違いはインターネットを使うと口コミなどで実際の利用者の声が聞けるなど分かりやすく比較することができるのでぜひ利用してみて下さい。
通信講座であってもその知識や技術を社会に貢献させるのであれば立派な生涯学習と言えるのではないかと思います。

一般的に生涯学習というと高齢者の方が趣味を楽しむためのものといったイメージが強いようですが、実は地域によってはそういったもの以外にも様々な取り組みをしているようです。

もちろん仕事や子育てが終わり、社会との繋がりが薄くなりがちな高齢者の方々がお互いの交流を深めながら充実した毎日を送れるような場を提供するというのはどこの地域でも生涯学習の目的として重要視されているものではあるようです。
しかしながら、そういったものだけでなく直接社会に出るための技術を学べる職業訓練的な講座を設けているところもあるとか。
もちろん対象者は就職・再就職またはキャリアアップを考えているような世代の方達ということになります。
また、自分の住む地域への愛情を深めてもらおうと世代関係なくその地域の歴史や文化を学ぶための講座などを開いていることろもあるようです。
いずれにしてもそれぞれの地域で実際にどういった生涯学習が必要とされているのかによって違ってきているようです。
自分が必要としている講座が見つからないのであれば思い切って要望してみてはどうでしょうか?
自治体は学びたい方の要求にこたえる義務があるはずです。
多くの声が集まればそれらは実現するかもしれませんよ。
ただ、生涯学習の基本的なあり方として学んだ知識や技術は人のため社会のために還元させなければいけないということを忘れないで下さいね。


プロバイダ契約に関する質問