生涯学習

図書館で生涯学習というのが近年試みられているようです。

各自治体が住民の学びたいという意欲にこたえようとあらゆるサービスを提供している訳ですが、特定の施設だけの活動ではなかなか満足感を得られないという状況があるそうです。
そういった状況を少しでも改善するべく注目されたのが図書館です。
もともと学習に関しての資料などには十分すぎるほどに揃っているところです。そこで充実したプログラムを考え提供できれば大変魅力的な講座となることでしょう。
図書館というとどちらかというと個人個人で学生などが勉強のために利用する施設といったイメージが持たれているようですが、こういった活動はそのイメージを払拭し、誰にでもどういった年代の方にでも開かれた場所であることをアピールするための目的もあるように思います。
こういった活動が実り子供から高齢者まで利用者の幅が広がったともなればいい例となりそうですよね。
小さな町の図書館などでは場所や人材などの確保が難しくやってみたくてもなかなか実現できないとったことろもあるようです。
でも、こういった取り組みが少しでも広がっていくことで生涯学習がより浸透していくのではないでしょうか。


プロバイダ契約に関する質問